2006年07月13日

hTc Z?

docomohtc.jpg 今日は軽い話題。「W-ZERO3」の二番煎じがDoCoMoから出るようです。その名も「hTc Z」(台湾のHTC社の製品)。 
【NTTドコモがWindows Mobile搭載スマートフォンを7月下旬に発売】(Jul/12/06 日経コミュニケーション) 

 記事からスペックをまとめてみると,

  1. 無線LAN(IEEE802.11b/g)とW-CDMA/GSMが使えるデュアル端末
  2. 国際ローミングに対応
  3. QWERTY配列のフル・キーボード
  4. Windows Mobile5.0日本語版に対応
  5. 新着メールや更新したスケジュールをサーバー側からhTc Zにプッシュ送信可能(Exchange Server2003のDirect Push機能)
  6. ExcelとWordのファイル閲覧および編集機能,PowerPointとPDFの閲覧機能搭載
  7. メール機能はPOP3/IMAP4に対応
  8. SDK(ソフトウエア開発キット)を使って追加の独自アプリケーションが開発可能
  9. 端末サイズは高さ11.25cm,幅5.8cm,厚さ2.2cmで,重量は176グラム
  10. 外側に200万画素,内側に10万画素のCMOSカメラを搭載
  11. 外部接続端子はIrDA/Bluetooth(Ver2.0),miniUSB(USB2.0)
  12. 外部記憶媒体はmicroSD
  13. iモードに対応しない(「mopera」シリーズを契約してネットワークに接続)

 あんまりマニアックな話題は僕にはわかりませんが,かなり「W-ZERO3」の成功が影響していると思われます。筐体表面の操作ボタンの位置が「W-ZERO3」は左側にあるのに対して,「hTc Z」は右側にあるのは,おそらく特許の関係でしょう。それにしても,DoCoMoはどこもで,いや,どこまで本気なんでしょうねえ。Willcomが先日「W-ZERO3」の後継機「es」を発表したために,完全に出遅れているのにもかかわらず,二番煎じという事情までバレてしまって(初代の「W-ZERO3」そっくりに作っちまった),余計にかっちょ悪いような気がします。あわてて発表したような印象はぬぐえませんね。個人向けに発売される端末ではないにしても,ですよ。

 もちろん「W-ZERO3」にない特徴もあります。赤外線通信(IrDA)とかBluetooth,IMAP4対応のメール(「W-ZERO3」もブラウザ上でWebメール閲覧はできる)が標準搭載というのはまあ法人仕様としては当然というところでしょうか。無線LAN(IEEE802.11b/g),W-CDMAは分かるとしても,国際ローミングまでの話になってくるとさすがにDoCoMoの面目躍如といったところも伺えます。デザインはオリジナリティがないにしても,通信機能という面では一日の長がありますね。あとはイニシャルコスト,ランニングコストでWillcomよりもメリットを出せるかどうかが普及のポイントということになりそうです。さあどっちが勝つかな?
posted by 時をかける僧侶 at 22:09| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | モバイル機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月09日

そんなにまでしてテレビ見たいのかなあ

 日曜日。難しい話はやめて,新しい技術についての話をしよう。

(Jul/07/06 CNET Japanより引用開始)
【ノバック,「どこでもTV for Skype」発売--Skype経由で外出先からテレビの視聴が可能に】
 ノバックは7月7日,Skype Technologiesが提供するコミュニケーション・ソフトウェア「Skype」のビデオ通話機能を利用して,自宅のテレビ放送を視聴できる「どこでもTV for Skype (NV-LF2000)」を,7月14日より発売すると発表した。
 NV-LF2000は,USB経由でパソコンに接続する外付けタイプのテレビチューナーユニットだ。外出先のSkypeから自宅のパソコンのSkypeアカウントを呼び出すだけでテレビ視聴ができるほか,チャンネル切り替えも行える。ネットワークなどの難しい設定が必要なく,3ステップで視聴できるという。(略)
(引用終了)
 
 ふむふむ。時代はテレビ放送を外出先でも(できれば安価に)見たいという風潮なんですねえ。NHKニューズ以外のテレビを殊更見る事のない僕にとってはあんまり興味のない話ですが,ソニーのなんとかボードとかいう外国でも日本のテレビが見れるハードに似たような使い方になるんでしょうか。僕はテレビには興味はありませんが,Skypeには大変興味を持っていまして,この暗号技術に優れたP2Pタイプの電話システムが,記事のようなテレビ需要をきっかけとしてさらに普及していくのを大層期待するものであります。
 
 ま,案の定といいますか「どこでもTV for Skype」はWindowsのしかもXPでないとアカンらしいから,Mac使いの僕としてはIntelMac(持ってませんが・・・)でBootCamp入れたら使えるんだろうなあと妄想を抱くだけで,特にアクションを起こす事は考えていません。そこまでしてNHKニュースを見たいわけじゃないですし^^;
 
 さて,Macでどうしても外出先でテレビが見たいという人は,いわゆるロケフリを導入する事ができるようです。
【フォトレポート:ロケーションフリーがMacでもW-ZERO3でも使える】(Jul/18/06 CNET Japan)
 
 これも,僕としてはふーんという程度の反応。W-ZERO3でも使えるというところにピクっと来ましたが,結局は無茶苦茶テレビが好きな人なら飛びつくんだろうなあというところで心は落ち着きました。僕には必要ないな。世の中にはワンセグというやつも流行りかけているそうですが,どうなんでしょうね。本当に流行ってる,あるいは流行が長続きするのでしょうかね。家にいる主婦はまず使わないし,会社でバリバリ働いている人はそんな需要ないし,出張が多い人でも最近は移動中にテレビ見ているようでは出世はできないでしょうし(ラップトップパソコンで仕事するのが普通でしょう),と考えたら,しょせんはヒマを持て余している大学生とか裕福なお家に住む高校生とかしか使わないんじゃないの?って思います。ま,好きにしたらええけど。
 
 僕にとっては外出先でテレビが見れるっていうのはオマケに過ぎませんね。政府・電通の情報統制の下にある電波をそんなに大事に受信したいとは思いません^^ そんなにまで洗脳されたいとも思いませんし。 ・・・全然話は違いますが,靖国神社の宮司さんって電通に23年も勤めていらっしゃったんだって。これってどういうことかわかりますよね (^^;;
【ノリミツ・オーニシの「靖国神社」と「日本に来るな」】(Nov/29/05 ヒロさん日記)など
 
 ま,靖国さんは置いといて。ワンセグが流行るかどうかについての指針となるかなあという記事があったので紹介しておきます。
 
(Jul/07/06 CNET Japanより引用開始)
【携帯電話で音楽を聴く人の割合は「1割未満」--楽天リサーチ調査】
 楽天リサーチと三菱総合研究所は7月6日,15歳から69歳の男女を対象に実施した「第22回携帯電話コンテンツ/サービス利用者調査」の結果を公表した。(略)
 調査によれば,携帯電話で音楽を聴く人の割合は9.2%で,iPod等のデジタルオーディオプレーヤーで音楽を聴く人(23.9%)の半分以下であることが分かった。
 携帯電話で音楽を聴いている人が利用している音源についてみると,約6割がCDをパソコン経由でリッピング(音楽CD内の音楽データをパソコンや携帯電話などで処理できるファイル形式に変換すること)して聴いており,携帯電話を通じたダウンロード(着うたフル)を利用している層は4割だった。
 着うたフル利用者に過去1カ月あたりのダウンロード曲数についの質問では,1曲あるいは2曲とする回答が多く,頻繁にダウンロードを行うケースは少ないことが分かった。
 auユーザを対象に,LISMO(携帯電話とパソコンを連携させたauの音楽配信サービス)の利用状況について質問すると,5.0%が利用していると回答し,6.7%が「LISMO対応機種は持っているが利用はしていない」と回答した。対応機種保有者の4割が利用していることになる。
 LISMOの利用内容については,CDからリッピングした楽曲を携帯電話で聴くという回答がもっとも多く,86.2%だった。そのほか,携帯電話で購入した楽曲のPCによる再生保存,携帯電話の画像やスケジュールなどのPCへの保存といった機能が2割程度利用されいる。専用サイトからのPC経由での楽曲ダウンロードは3.4%と,まだ多くないことが分かった。
 iPodやウォークマンなどのデジタルオーディオプレーヤーと携帯電話とを統合した端末について利用意向をみると,「是非利用したい」が11.2%,「利用したい」が27.8%であり,全体として4割程度の利用意向がみられた。また,現在デジタルオーディオプレーヤーを持っていないが今後利用したいというニーズのある層においては,統合端末の利用意向が高く,統合端末の登場によって携帯電話での音楽利用が拡大する可能性があるとしている。
(引用終了)
 
 音質を考えたら,とても好きな曲はケータイでは聴けないってことですよね。「オレのお気に入りの曲がなんでこんな音質になっているの?不機嫌だ!」みたいな感じでかえって音楽ケータイの評判が悪くなりそうな気もします。iPodとかその他のプレイヤーは音質も悪くないレベルですから,それと比べたら仕方ないですけど。ま,技術の進歩に期待しましょう。
 
 着うたなどの音楽サービスでこの状況ですからねえ。FOMAのテレビ電話だって誰が使っているのか知りませんが,ワンセグも同じような運命をたどるような気がします。流行るとしたら,やっぱりSkype経由の無料サービスじゃないかな。無料なんだし画質にそんなにこだわらんでしょ。
posted by 時をかける僧侶 at 22:16| 兵庫 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | モバイル機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月05日

W-ZERO3新型登場!

 今日も軽く。ウィルコムのPHS「W-ZERO3」の新型発表!の話題を。
【ウィルコム、夏モデル「W-ZERO3[es]」を発表】(Jul/04/06 ケータイWatch)
 
Zero3es.jpg 僕がいま使っている「W-ZERO3」のパワーアップ版です。去年の12月に出たばっかりですが,売れに売れたのでその勢いのまま新型投入ということになったようです。先月,「W-ZERO3」のマイナーアップデート版が出たばかりですが(→ リンク),なんとも早い・・・。

 個人的には,画面領域が狭くなっちゃったので(小型化してさらに数字キーが表面に付きましたから仕方ないのですが)小さい文字を読むのに慣れていない僕には手に余るかなと思いますが,その欠点を補ってあまりあるスペックが搭載されているのも事実です。いやあ,ここまでやってくれるとは・・・。

 現行モデルになくて新型で加わったもので特筆すべきものは,やはりUSB2.0端子でしょう。逆に無線LANが削られましたが,USBで拡張可能だし(しかも11aとか11gが利用できると思います),記事によればBluetoothとかワンセグ,プリンタ接続なんかも別モジュールとして拡張できるらしい。やっぱUSB搭載はすごいわ・・・。

 ソフト面でも光ります。現行モデルでは使いにくいメールソフトも一新されるようで(現物を見ていないので詳細はわかりませんが)自動振り分けとかケータイ打ちもできるらしい。ま,僕にしてみればケータイ打ちが嫌いだから今のW-ZERO3に変えたんですけどね。
 ブラウザもOperaまで標準搭載だって。たしか現行モデル用には先月,有料版がリリースされてたばっかりだったと思いますが(僕はNetFront信者なのでこっちを入れましたけど)標準搭載ですか。しかも,入力補助機能もATOKが標準で搭載されているらしいです。こりゃあすごすぎまっせ・・・。

 このサイズなら電話で使っても違和感はあまりないでしょうねえ。う〜ん。これなら今のようなW-ZERO3と京ぽん2の2台もちも解消されるだろうなあ・・・おっと物欲が湧いてきましたよ。これから出家を控えている身なのに。ま,しばらくはW-ZERO3の定番ブログを回りまくって情報収集に努めることにしましょう。でも見れば見るほど気になりますね・・・。我慢できるかなあ^^;
posted by 時をかける僧侶 at 00:00| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | モバイル機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。