2006年07月03日

夢を語って前向きになろう

 前回エントリで激しい事を書きすぎたので,今日はおとなしくします。ゆるい話題ですが,ちょっとした夢を語ります。

 今年の夏に本山でスクーリングを受けて仏大を無事に卒業できれば,12月に知恩院で最後の行を受ける事になります。これでようやく一人前の坊主になるわけですが,そのあとの目標というか将来の展望を描いてみたいと思います。そんな個人的な事を公開すなよという意見の方がいらっしゃれば,どうぞこのエントリはパスしてください。ま,外野の目は気にせずにつらつら書いてみよう。

 寺の規模としては1人では過労だが2人ではやや少ない,というちょうど良い具合ですので,今のうちにやっておきたいことにどんどん手を付けていこうと思っています。例えば,地区の教育。

 どういうことかと言うと,学校教育はしがらみだらけで崩壊寸前(すでにしている?)ですから,それを補う,というより最終的にはメインの座を奪えるぐらいの勢いで「寺子屋」を始めたいなあと。と言ってもあんまり大きな事をやれるスキルも体力もないので,檀信徒の子息・孫の数人を相手に,学校では学ばないが人生の中で大事な事について語る場を持ちたいと思っています。

 もちろん一方的に教えるだけじゃなくて,生徒達にはどんどん意見を言ってもらいます。学年や年齢に応じたレベルで,実りのある議論ができる水準を目指して,口を開かせていきます。わからないことがあればすぐに教えるのではなく,自分たちでまず調べさせます。こんな観点で調べれれば立派なもんでしょう。

  1. Why(それについてなぜ知りたいのか?目的意識の確認)
  2. What(それを知るために何を知っておくべきか?)
  3. When(いつ調べに行くのか?)
  4. Where(どこに行けば分かるのか?)
  5. Who(誰が行くのか,もしくは誰に聞けばいいのか?)
  6. How(どの程度まで調べるのか?)

 無理やり5W1Hの形にしましたが,3〜6はいわゆる段取り力,文脈力(齋藤孝博士)を育てるには書かせないポイントです。わからない問題は解答を見て答えを覚えろというのが最近の教育ですが,これじゃあ大人になっても自分の頭で考える事ができるようになるわけがありません。また,やみくもに調べようとしても何を参照すればわかるのか,という問題は日ごろからそのようなレファレンス本に接していないとピンとも思いつくものではありません。調べようにも何をどうしていいのかわからなければ余計な時間やコストがかかるだけ。若いうちからの訓練が必要です。

 ここまでの作業は別に学校の成績はあまり関係ないでしょう。○×クイズの学校の試験では測れないようなレベルの話をしますからね。学校が面白くない子供たちが積極的に寺に集まってくれるようになれば,これからの宗教も変わっていくと思います。葬式仏教と揶揄されるだけのお寺にはなりたくないもんです。

 この他にも,子供だけを相手にするのではなく,主婦やらお年寄りをお寺に呼んで,逆にこっちにいろいろと教えてもらう機会をもちたいと思います。どんな宗教にも当てはまる事かも知れませんが,一人で問題を抱え込まずに,いろいろ人に相談してみて違った角度からの意見をもらうことで解決の糸口が見えてくるかもしれません。なんらかの形でお寺が昨日提供できれば非常に素晴らしい事だと思います。

 他にもやりたい事はたくさんあります。一度このブログでも書きましたが,個人的に今は英語の勉強に力を入れています。将来は海外に進出する事も考えていますので・・・なんてね。夢ってことで^^

 日本がこんな状況ですからねえ。一旦他国に亡命して,頃合いを見計らって本当の日本人としてもう一度日本再建の一翼を担うべく戻ってこれればいいなあと思っています。そのためには英語が必要だね・・・ってえらく短絡的なんですけどね。

 夢の話をすると前向きなパワーが湧いてきますね。悪いニューズに悲観的にならずに,我が往く道を貫いていきたいものです。
posted by 時をかける僧侶 at 22:30| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月14日

現場こそ大事とホームズも言っていた 教育界はどこに向かうの?

 日曜日なので軽い話題にしよう。記事を整理していたら1ヶ月前のニューズをたまたま見つけたので,コメントしておきます。

(Apr/14/06 NIKKEI NETより引用開始)
【「職員会議での挙手・採決は不適切」・都教委が通達】
 東京都教育委員会は14日までに,「職員会議での挙手・採決は不適切であり,行わない」とする通知を全都立学校の校長あてに出した。都教委は,教職員の議論の場としては「企画調整会議」があり,校長の補助機関である職員会議に議論はそぐわないとしている。
 通知は13日付で,中村正彦教育長名で出した。発端は,都教育庁が今年1月に行った都立高校など全約260校に対する調査。職員会議で挙手・採決を行い,「校長の意思決定を拘束しかねない運営」をしている学校が18校あることがわかった。
 通知は,校長,副校長,主幹らによる学校運営の中枢機関である企画調整会議を「教職員の建設的な意見を踏まえた十分な議論を行う場として活性化させる」と説明。原則として週1回程度開き,情報を校内で共有することも確認した。
 都教育庁は「企画調整会議に出られない教職員の意見も主幹らを通じて吸い上げることができる。通達はそれぞれの会議の趣旨を明確にする目的がある」としている。
(引用終了)

 日経の記事ですが,これを読んだだけでは,「校長など学校運営の中枢の意見が尊重されるべきなんだから当然じゃないか」と感じるでしょう。さて,同じ問題を共産党が見るとどうなるか。

(Apr/15/06 しんぶん赤旗より引用開始)
【職員会議で採決禁止 都教育庁通知 管理職の権限強化】
 東京都教育庁は十三日,職員会議で「挙手」「採決」などの方法で,教職員の意思を確認する運営を行ってはならないとする中村正彦教育長名の通知を二百六十三校の都立学校長に出しました。学校運営における都の管理強化は教育機能の崩壊につながるとして,現場の教師,教育関係者から批判の声が上がっています。
 「学校経営の適正化について」とする今回の通知は,企画調整会議や職員会議などの運営について「一層の適正化を図る」よう求めています。その内容は,校長,副校長,主幹で構成される企画調整会議が,学校経営の「中枢機関」で,「職員会議の場で議論し,教職員の意向を挙手等で確認するような学校運営は許されない」というものです。
 職員会議は校長の補助機関と明文化した二〇〇〇年の学校教育法施行規則を受け,都教育庁は〇一年,「校長が決める事項を,職員会議が制約するような運営で意思決定してはならない」との通知を出しました。今年一月に都立校にその後の状況を報告させたところ,十数校で校務に関する内容を職員会議での挙手や採決で決めていたことが判明したとし,また学校経営支援センターが四月に始動したことも踏まえ,今回の通知を出しました。
 都立高校で日本史を教える男性教師(57)は,このような通知は「現場の意欲をそぐだけ。一部管理職の決定で,学校運営がうまく行くはずがない」と批判しています。
(引用終了)

 最後の一文なんて日教組に洗脳された思想そのものやなっていう感じも受けますが,冷静に判断すればそんな考えにも一理あります。良くも悪くも生徒や保護者と直接触れ合い話し合いしている現場の教師の意見よりも,雲の上で上澄みを舐めながら出世競争に精を出しているお偉いさん方が決める方針を優先させるべきなのか,という大きな問題が浮かび上がってくるからです。

 要するに中間管理職である校長や教頭に権威をつけたいというのが都の方針なんでしょうけど,そんな官僚主義がうまくいくかなあ。僕だったらこういうニューズを見れば,間違いなく自分の子供は私立に行かせてあげたいと思っちゃうし,間違っても偉いさんの出世のために自分の子供を差し出すような事はしたくない。担任の先生の素質にもよりますが,自分の子供に愛着を持って接してくれる現場の先生の考えを大事にしたいですね。ま,東京都のやる事なので関西在住の僕にとってはどうでもいい話ですが。

 とはいえ,これから少子化が進んでいく中で僕も結婚適齢期を迎えるので(現在29歳・・・適齢期は過ぎたか?),一部の大人たちの都合で自分の子供が不幸にならないように,教育問題に対してはずぅっと興味深く見ていくつもりです。
posted by 時をかける僧侶 at 23:53| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。