2006年06月11日

軽ーくパソコンの話

 まじめなことばっかり書いていると悲観的になってきて精神衛生上よろしくないので,ちょっと軽い話を書いておこう。

 メインで使っているパソコン,AppleのPowerBookG4(PowerPC最後のモデル)の調子がよくありません。といっても「部分的に」というだけの話であって,通常の使い方なら全く不都合は出ていませんが。実はCD・DVDから起動しようとしたときにフリーズするのです。内蔵ドライブの異常です。

 そもそも内蔵ドライブから起動しようと思ったきっかけはハードディスクの定期メンテナンスを実行しようとしたことです。あらゆる情報収集の結果,これまでにかなりのお宝情報が僕のパソコンに入っているわけで,これがパソコントラブルなどで消えたり壊れたりすることは避けたいので,定期的にメンテナンスをするように心がけています。また,どうせメンテナンスするのなら中途半端にするのではなくすっきりしたいので,OSの再インストールもやっちゃう予定でした。で,起動OSが入っているハードディスクをメンテナンスするときは別のシステムボリュームから起動しないといけないので,内蔵ドライブから立ち上げようとしたらフリーズしちゃったわけです。前回はできたのに。

 ディスクの軽いメンテナンスであれば,内蔵ドライブを使うまでもなく,実はMacOSXはUNIXベースだという特性(?)を利用して,シングルユーザーモードで起動してCUIのコマンドライン「fsck -fy」を実行すればできます。実際にこれをやったら特に異常は見当たりませんでした。でもディープなディスク管理の観点から言えば物足りないので,専用ツールの入ったCDから起動してメンテナンスしたかったのです。

 ま,別に内蔵ドライブから起動できなくても,親父に譲ったiBookG4をちょいと拝借して,PowerBookをFireWireでつないでターゲットディスクモードで起動してやれば別ボリュームとして認識してくれるので慌てる事はないのですが,でもまあOSの再インストールなどが必要になったときに内蔵ドライブからできないのはちょっと面倒なんですね。かといって普段の使用なら全く問題がないマシンを修理に出すのも気が引けるし・・・。うーん。再インストールどうしようか。

 ま,データだけきっちり週1回の定期バックアップを励行して,OSまではいいかな。それから,修理に出すとしたら夏の仏教大学のスクーリングで京都のお寺(大本山)に宿泊するタイミングが最適ですかね。10日ほどはどっちみちパソコンはおろかテレビも新聞もない世界に行くわけだし。ということでしばらく我慢して使いますか。

 ・・・案の定しょうもないエントリになっちゃいました。ま,来週からまたがんばります!
 
(雑記)
 Windows機としてちょっぴり期待していた「FlyBook」の全貌がいよいよ今週末に明らかになるようです。偶然HPに行ったら,広告FLASHが流れていました。
リンク

 実は僕ももう一つのブログでもこの発表を心待ちにしていました。
該当エントリ

 この時点から約半年が経っているわけですね。新しいもの好きの僕の性格は変わっていませんので,おそらく実物を触るために電気屋さんに行くことはあるでしょうけど,買うまでの気持ちが起こるかどうか。PHSのW-ZERO3を手に入れてしまった現在は特に小型モバイル機器には不自由していませんので(っていうかW-ZERO3便利すぎ)インスピレーションが働かない限りはスルーしてしまいそうです。Intel Macの発表もあったわけですしね。あのデザインには魅かれますけどWindows機だけの機能として買わなきゃいけない理由はなさそう・・・。
posted by 時をかける僧侶 at 22:23| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。